積立型の投資信託

初心者におすすめの積立型投資信託

「毎月一定額」を積み立てていく投資信託

初めて投資信託を購入する場合にお勧めなのは積立型の投資信託です。
通常は、まとまった資金で投資信託を購入して行きますが、毎月一定額を積み立てて行きますので、まとまった大きな資金がない人でも出来るのが特徴です。

例えば月一万円であれば、毎月一万円ずつ投資信託の商品を購入して行くので、リスクを分散する事が可能です。販売している会社の中には1000円から始められる商品もありますから、資金があまりない人でもこの積立型の投資信託ならスタートすることができます。

積立型の投資信託は銀行などでも取り扱っている場合もあり、預金口座から自動的に積み立てて行く事も可能です。投資信託なので元本割れのリスクが全くないわけではありませんが、運用をして行く事で銀行に預けている利息よりも多くの運用益を得る事も可能になるでしょう。銀行が取り扱っている投資信託の商品であっても元本を保証するものではありませんから注意してください。

基本としては月一万円以上から始めるものが多く、一万円以上は千円単位で決めていきますので、例えば12000や18000円を毎月購入して行く事になります。

取り扱う投資信託の商品については販売会社によって異なりますので、株式の場合もありますし、国債の場合もあります。また債権や外国株、あるいは外国為替の場合もありますから、資金に合わせて商品を選んで行くと良いでしょう。

積立型投資信託を始めるときの注意

投資信託を始めたばかりで、リスクの取り方やリスクがどれだけあるのか、あるいはリスクの幅などの経験などがない場合には、資金があっても大量に一つの商品に投資をしてしまうと危険です。利益が少なくなる事や損を多く出してしまう事も考えられます。

この場合は、商品の特性などを見るためにも少額ずつ積み立て型の投資信託を行っていく方がリスクを回避出来ます。とにかく始めたいという方は急いでしまって「よくわからないけどたくさん買おう」と思ってしまうこともあるようですが、分からない場合はこのような商品を少しずつ購入し、小さく始めて少しずつ投資に慣れていくのが良いでしょう。

>> 投資信託の種類一覧に戻る