投資信託の種類

投資信託の種類について メニュー

ここでは投資信託の種類についての解説をしていきます。
投資信託と言ってもいろいろな種類がありますので、それぞれの種類について見て行きましょう。

投資信託には様々な分類がありますので、商品によってのリスクも異なりますし、解約や換金方法も異なります。分からない事は販売会社に直接聞くのがよいですが、基本的な知識はこちらで覚えてしまいましょう。

投資信託の種類は、一般的に大きく分けると株式投資信託と公社債投資信託があります。

株式投資信託と公社債投資信託

株式投資信託

株式投資信託は、株式に投資をする事が出来るもので、ファンドと呼ばれる投資家から集めた基金を株式を利用して運用していくものです。特定の銘柄ではなく、いくつかの株式で組み合わせたものを運用していくものです。

一般的な株の取引は一銘柄ごとに購入していきますが、高額な株価であったり取引単位が大きいと、個人では購入できない場合もあります。また、リスクを分散するためにいろいろな銘柄に分散投資をするのが基本ですが、銘柄を増やすとそれだけ大きな資金が必要ですし、銘柄の入れ替えや管理などの運用も大変になり、個人ではなかなか難しい面もあります。

その難しい運用はプロに任せてしまうのが投資信託です。私たちは資金だけを少額で提供して、それらの資金を集めたお金で運用してもらい、利益の分配を待つことができるのが投資信託のメリットです。

株式投資信託には、国内株型投資信託や外国株型投資信託、あるいは債権を含むバランス型投資信託、
そして株式に交換が出来る転換社債型投資信託があります。

また金融派生商品(デリバティブ)などに投資をする派生商品型投資信託や、ファンドがファンドを買うファンドオブファンズ、さらにETF(株価指数連動型上場投信)、あるいはREIT(不動産投資信託)です。

公社債投資信託

公社債投資信託は、税金の区分でこれに分類されていくもので、中期国債ファンドやMRF、MMFがあります。中期国債ファンドは、5年以内の残存期間がある中期国債を一か月の複利で運用しているものです。多くは国債になりますが、電力会社の短期社債やコマーシャルペーパーなどもあるでしょう。

MRFは、かなり短期の債券で運用されていますが、銀行の普通預金のような感覚のものです。MMFは、MRFよりも長期のもで、中期国債ファンドよりも最近多くなっています。元本割れのリスクが低いとされているのも特徴になるでしょう。