ゆうちょ銀行の投資信託

ゆうちょ銀行の投資信託の評判てどうなの?

便利で利用者も多いゆうちょ銀行ですが、評判は・・・

ゆうちょ銀行をいつも利用している人は多いでしょう。
郵便局といえば、手紙や宅配便、あるいは銀行と生活の身近な所で接する事の多いものです。その郵便局のゆうちょ銀行では銀行業務の他にも簡保など保険業務を行なっていますが、投資信託も行なっていますので、貯蓄よりももっと増やしたい人にはゆうちょ銀行の投資信託という選択肢もあります。

ただ、評判はあまりよくないようです。ゆうちょ銀行の投資信託の基準価格を見てみたり、手数料を他のネット証券などと比べてみると、たしかにあまりおすすめはできないものが多いですね。また、窓口によってはあまり知識のないまま販売しているというところもあるそうです。

利用者の多さと知名度の高さからそれでも売れてしまいますからね。とはいえ、全てがそうではないですし、これから改善されるかもしれません。全国のゆうちょ銀行全店舗や投資信託を扱う郵便局で取り扱っていますので、わからない事は気軽に相談してみると良いでしょう。

ゆうちょ銀行のNISA(ニーサ)口座って何?

NISA口座開設の前に他と比較検討を!

2014年からはNISA(ニーサ)という「税金のかからない投資口座」を作ることができるようになり、そこで投資信託も購入できるので、「いつも使っているゆうちょ銀行で」とゆうちょ銀行でNISA口座を開設する人も増えてくると思います。しかし、NISA口座は1人1口座しか持てず、口座開設をすると向こう4年間は他に変更することができません。

そもそも銀行では投資信託は購入できても株式は購入できないなど、商品の選択肢は証券会社に比べて少ないので、「税金がかからないから作りましょう」と言われてすぐ作ってしまうのではなく、いろいろ他と比較検討することをおすすめします。すでに予約の申し込みをしてしまった方でも、口座開設が完了していなければNISA口座の申し込みのキャンセルや解約・変更はできるかもしれません。

参考リンク:
NISAとは(NISA公式サイト)
ニーサで税金がかからない株式投資(ニーサの活用方法など)

ゆうちょ銀行の投資信託セミナー

郵便局で開催される投資信託セミナーで学ぶ

ゆうちょ銀行では、定期的に投資信託のセミナーを行なっています。
平日だけではなく土曜日にも開催している場合がありますから、平日は仕事で出れない人でもセミナーを受ける事が可能です。

講師の方は、DIAMアセットマネジメント株式会社や大和証券投資信託委託株式会社、野村アセットマネジメント株式会社、三菱UFJ投信株式会社などから講師をお呼びしていますので、専門的な知識を取得したり、初心者でも分りやすい内容の講義を受けられるでしょう。

セミナーの場所も郵便局の会議室などで行なわれています。

投資信託の商品は、バランス型投資信託や株式に投資する投資信託、あるいは債券に投資する投資信託、そしてリート(REIT・不動産)に投資する投資信託、さらにネット専用ファンド(eMAXISシリーズ)もあります。 さらにゆうちょ投信WEBプレミア専用ファンドもありますので、分散投資を行なったり、プレミアム会員になって投資を行なって行くのも良いでしょう。

ゆうちょ銀行の投資信託はネット証券のようにインターネットを利用した取引の方が手数料が安いのも特徴的です。

>> 投資信託の種類一覧に戻る