SBI証券の投資信託

口座数はネット証券No1のSBI証券

投資講座で学びながら投資信託を始めてみる

SBI証券はネット証券の中でも特に口座開設数の多いところで、口座数は270万口座あります。(2013年6月30日時点)そんなSBI証券の投資信託では、全く知識がない人からでも始められるように投資講座が開設されています。

投資を行なうとしても何をしたら良いのか分からないという人も多いと思いますが、そんな方はSBI証券の投資講座で学びながら投資信託を始めてみるのも良いでしょう。

投資信託は、複数の株や公社債、あるいは国際などに投資していきますが、例えば一つの株式会社に投資をするのではありません。少し仕組みが複雑になっていますので、分かっている人も再度見直して投資知識を得るのも良いでしょう。

実際にはファンドマネージャーと呼ばれるプロが運用していきますので、何も知らない人が株に投資を行なうよりは損がないとされています。しかしながら全く損が出ない商品ではありませんので、銀行貯金に比べてリスクがあるのは仕方ありませんが、その分リターンも期待できるのが投資信託です。

投資信託のデメリット

デメリットも頭に入れた上で投資することがポイントです

投資信託のメリットとしては、少ない資金で投資が出来る事、分散投資が出来る事などがメリットとして挙げられる事が多いのですが、デメリットをあまり詳しく書いてあるところが少ないのが難点です。

SBI証券の場合はデメリットもしっかりと記載されていますので、どのような事がデメリットがあるのかを把握すると良いでしょう。

投資のリスクとして書かれていますが、価格が変動するリスク、為替が変動するリスク、デフォルト(信用)のリスクについて詳しく記載されています。一般的な貯金などと違い、このデフォルトによるリスクが一番説明が難しい所ですが、図解で詳しく書かれていますので、どのような事なのかをしっかり学ぶことができます。

SBI証券の投資信託商品はREIT(不動産投資信託)高配等株式、ブル・ベア、あるいはノーロードなどに分かれて商品を見る事が出来ますので、いろいろチェックしたうえで気になった商品に投資を行なうと良いでしょう。

>> 投資信託の種類一覧に戻る