投資信託の基準価格とは

基準価格はその投資信託の「今の値段」

投資信託を購入する時に基準価格と言うものがあります。
これは投資信託商品の価格を表していますが、株式で言う株価と同じで、今いくらで買えるかというものです。投資信託はそのときによって値段が違うので、この基準価格を見て購入するかどうかを判断します。

投資信託の基準価格は、債券や株式などの資産を時価総額で表わす純資産総額を総口数(申し込み数)で割ると、基準価格が出てきます。基本的には、新しい投資信託の商品が出来ると1万円で始まる事がほとんどです。

基準価格を見て、安いから買うと言う事ではなく、価格の変動幅などを見ながら購入していきます。リーマンショックが起きた後はかなりの変動を起こす商品もありました。購入した投資信託商品が安定した価格ではないという事を知っておきましょう。

基準価格は変動する

新しい投資信託商品が1万円で始まったとしても、購入するときの実際の購入金額は12000円かもしれません。多く売り注文が出てしまうと価格が大きく下がりますし、申し込み数が多くなれば価格が下がります。この辺りは株価と同じような感覚です。

分配金の有無によって、内容に違いが出ますから商品ごとに考える必要が出てきます。 基準価格は、投資信託を扱う会社のホームページで見ることが出来ますし、新聞でも価格を調べる事は可能なので、まずは基準価格と分配金の有無を調べてみると良いでしょう。

さて、基準価格がわかったら次はどんな利益が得られるのかが気になりますね。投資信託の分配金について次のページで見てみましょう。

>> 投資信託の分配金