投資信託って何がいいの?

投資信託を始めるメリット

なぜ今投資信託を始めるのか?

今投資信託を始める人は年々増えています。給料もなかなか上がらない今、何とかして少しでもお金を増やしたいというのは多くの方に共通の思いなのですが、金利の低い今は銀行に預けてもあまり増えていきません。2013年8月のある大手銀行の金利は定期預金でも0.025%。100万円を1年間預けても250円しか増えません。さらにそこから税金を引かれるので、ほとんど増えることは期待できません。

今のこの金利だと銀行に1億円預けても1年で25000円しか増えないんです。

銀行の利息ではその程度しかもらえないので、資産運用としてはほとんど効果がありません。しかも、銀行は使わなければお金の金額が減ることはありませんが、物価が上がればお金の価値も下がりますので、安全なようで実はそうでもなかったりします。

銀行に100万円預けておけば100万円以下に減ってしまうことはありません。でも、たとえば今、月20万円で生活できるものが数年後には同じ生活をするのに22万円かかるようになるかもしれません。そうなれば預けた100万円という金額は減っていなくても、その100万円で買えるものが減ってくるので、お金の数字は減っていなくても実質的には下がったようなものですよね。

そこで、銀行の利息よりは利回りの高い株式投資や投資信託を始める人が増えています。株式投資や投資信託は値下がりのリスクももちろんありますが、値上がりの可能性もあります。また、物価が上がると連動して株価なども上がるため、株式や投資信託なら物価が上がってもそれに合わせて自分の資産も値上がりすることが多いのです。

投資信託は株式投資より簡単で、少額で始めることができ、しかも運用をプロに任せることができます。だからこそ投資信託は投資初心者の方に非常にニーズの高い金融商品となっています。

投資信託とは?

運用をプロに任せられる投資信託

投資信託は、投資家から集めた資金を基金(ファンド)にまとめて、株式や債権、あるいは不動産に投資する事が出来る金融商品です。

簡単に言うと「みんなのお金を集めてプロに運用を任せよう」というものです。運用は任せてお金だけ出せば、あとは分散投資で運用してくれてあなたは運用の利益から配当(利益の分配金)をもらうのを待てばよいのです。

運用成績の良い投資信託なら高い配当ももらえるし、その投資信託を買いたいという人が増えればオークションのように買ったときよりも値上がりして売るときにも利益が出ることもあります。

株式や債券を個人で購入する事は可能ですが、高額で手が出ない銘柄もありますし、分散投資などのリスク分散は初心者には難しく、またそれをするためには複数の銘柄を組み合わせて運用しなければいけないので大きな資金が必要になります。つまり、通常は分散投資をするにはお金も知識も実力も求められるんです。

それを、みんなのお金を集めることによって小さな金額で始めることができ、しかも運用は任せてしまうのでお金だけ払えばよいというのが投資信託です。

という私たちのお金を集め、大きな資金にして

というプロの投資家の方とをつなげてくれるのが投資信託なんです。

投資信託なら初心者でもとても簡単に資産運用ができるので「投資や資産運用には興味があるけど難しそうでなかなか始められない」という方に非常に人気の商品です。

このサイトでは投資信託について初心者の方にむけていろいろと説明していきます。

投資信託の特徴・メリット

  • 小さなお金で始められる
  • プロが運用をしてくれる
  • 配当がもらえる
  • 売るときに高く売れることも

初心者のネットで投資信託入門 メニュー

当サイトのコンテンツのメニューです。